夏から秋にかけて突風や台風などによる被害が発生しやすいので注意しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

窓のリフォームをしよう

最近の夏は、猛暑になることが決して珍しくなくなってきています。
なかには、連日40度を超えるような日が続くこともあります。
このような猛暑になると、地表近くと上空とで、温度差が大きくなります。
そうするとお天候の急変が起こりやすくなるといわれています。
そこで夏場になるとゲリラ豪雨や竜巻のような突風が吹くことがあります。
その中でも突風はひとたび起きると甚大な被害をもたらすケースも少なくありません。
その中でも、突風による被害で窓ガラスが割れることでいろいろな被害にあってしまう人が多いようです。
突風の力だけで住宅・住居の窓ガラスが割れてしまうこともあれば、がれきなどが飛んでくることで窓ガラスが割られてしまうようなことも起こりえます。
夏場のトップ以外でも、台風が直撃をすればこのような窓ガラスの被害が起きる可能性があります。
窓ガラスの場合、割れた破片によってけがする可能性もあります。
また後片付けをして、ガラスを付け替えることも考えると、大変な苦労を強いられます。
住宅・住居のリフォームをする時には、窓ガラスのリフォームも念頭に入れておくべきではないでしょうか?
まず一戸建ての住宅・住居をリフォームする場合には、雨戸をつけるようにしてみましょう。
雨戸一つあれば、かなりの突風でも窓ガラスを守ることができます。
その他には、シャッターをつけるという方法もあります。
シャッターをつけることによって、どのような飛来ぶるが窓を直撃したとしても、窓ガラスがやられる心配はありません。
雨戸を既存の一戸建てに設置することは、比較的簡単といわれています。
しかし雨戸を設置する場合には、普段雨戸をしまっておくとブクロが必要になります。
その分、壁に厚みが必要になりますので、注意した方がいいでしょう。
また雨戸を設置する場合には、業者に引き渡されるときに開け閉めの確認をして下さい。
場合によっては、雨戸の開閉がスムーズにいかないとか、ガタツキが起こるといった症状を感じることもあるかもしれません。
その場合、台風や突風が急に襲って来た時でもすぐに対処することができなくなってしまい、せっかく雨戸をつけた意味がなくなってしまいます。
またガタツキがあれば、強い風にあおられて雨戸が丸ごと吹き飛ばされることも十分にあり得ます。
雨戸の調整は、リフォーム業者などにお願いをすればやってくれるはずなので、気になるのであれば遠慮なく頼んでおきましょう。

Copyright (C)2017住宅リフォームのすべて.All rights reserved.