どのグレードでリフォームするかによって、かかる金額も大きく変わってしまいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

グレードの問題

2つのリフォーム業者に見積もりの依頼をして、片方が10万円、もう片方が7万円の見積書をもっていたとします。
そうすると安易に7万円の方が安いので、こちらにリフォームの依頼をしようと思う人もいるかもしれません。
しかし見積書で安い価格を提示している業者にリフォーム工事のお願いをすれば、常にお得かというとそうではありません。
なぜかというと、リフォーム業者によって、どのような工事をしているかが変わってきてしまうからです。
リフォーム業者の中には、工事の手法などによって、いくつかのグレードを設定して工事を行っていることが多いです。
この内のどのグレードでもって工事をするかによって、かかる値段も変わってきます。
通常見積書を作成する場合には、そのリフォーム業者にとって、標準工事のケースを想定して算出しているはずです。
しかしその標準がどのグレードになるかは、業者によって判断が分かれてしまいます。
見積書だけを見てみても、グレードがどのような感じなのかは分かりません。
グレードの中でも見積書ではなかなか判断できないものとして、壁や床の下地の厚みや使われている素材、施工方法などがあります。
その他には、断熱材としてどのような種類を使用しているか、施工方法はどのようなものなのかもあります。
さらにリフォーム業者によって、いろいろとサービスをつけてくる場合もあります。
クリーニングをどの程度行ってくれるのか、工事の検査をしてくれるのか、何かトラブルが発生した場合のアフターサービスをどの程度行ってくれるのかといったことは、業者によってレベルが変わってきてしまいます。
このような所も加味して、どの業者にリフォーム依頼をするのがベストなのかを検討する必要があります。
いろいろな手間暇をかけてもらったほうが、仕上がりは良くなります。
しかし一方で、お金がかかってしまいます。
このバランスをどのようにとるのが重要になってくるでしょう。
そこで見積書をもらったときに、どのようなグレードで工事を行うことを想定しているのかを確認することです。
グレードをどうするかは、住宅・住居によっても変わってきます。
自分の住宅・住居の場合、どの程度のグレードが妥当なのか、どの程度のサービスがあれば良いのかということを考えてみることです。
グレードをどの程度においているかで、そのリフォーム業者の工事するに当たっての姿勢を見ることもできます。
ですから結構見積もりをとるときに、重要な項目になるのです。

Copyright (C)2017住宅リフォームのすべて.All rights reserved.