見積もりを複数の業者からとる場合には、見積もりを統一することが重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

見積もりの取り方

実際にリフォーム工事をする場合、リフォーム業者に自分の住宅・住居を見てもらうことになります。
その上で見積書を作成してもらいます。
後悔のないリフォーム工事をしたいのであれば、複数のリフォーム業者に住宅・住居を見てもらって、その上で見積書をとります。
見積書の比較をすれば、どこの業者にリフォーム工事をお願いするのが最もお得かを比較できます。
しかしこの見積書の比較ですが、簡単にいかないので注意しましょう。
実はリフォーム業界では見積書を作成するときに統一されたルールが存在していません。
このため、個別の項目を見てみると、書式が業者によってばらばらという事態も十分に起こりうることなのです。
その結果、合計金額の所でしか、比較ができなかったということになってしまいます。
部屋ごとに計算されていないとか、材料費と人件費がごちゃ混ぜになってしまっているような見積書もあります。
また経費について書かれていると思いますが、この経費の内訳も業者によってまちまちです。
工事項目と別に経費を書いている所もあれば、経費のすべてを講じ項目の中に混ぜ込んでしまっているもの、さらには経費の一部を工事項目の中に入れているものもあります。
こうなってしまうと、経費の金額を見てただ安いから決めたというのでは、判断ミスを起こしている可能性もあります。
では、複数業者に見積もりを出してもらって、比較をするためにはどうすればいいのでしょうか?
最も手っ取り早い方法は、見積もりをとるときに費用の出し方を統一してもらうように依頼することです。
ちなみに複数業者に見積もりを出すことを相見積もりと言います。
相見積もりをしているというと、業者の気分を損ねてしまうのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし相見積もりをとっていることを業者に隠す必要はなく、むしろ積極的に伝えるべきです。
そして見積もりの形式を統一するようにお願いしましょう。
相見積もりをとっているといわれるだけで、不機嫌そうにする業者はきちんとしている所であればまずあり得ません。
もしそのような業者があれば、候補から外してしまってもいいでしょう。
相見積もりをとっているということになれば、下手な見積もりが出せないと業者にプレッシャーをかけることができます。
そうすれば、より安い費用を出してくれる可能性も出てきます。
皆さんにとってもメリットのある話なので、相見積もりは積極的に活用することが重要です。

Copyright (C)2017住宅リフォームのすべて.All rights reserved.