シックハウス症候群のための対策を中古住宅では施す必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

シックハウス対策をする

シックハウス症候群という言葉を聞いたことはないでしょうか?
シックハウス症候群とは、言えの有毒物質を吸い込み続けることが原因でいろいろな症状を引き起こすことを指します。
そこで最近のリフォーム業界を見てみると、シックハウス対策のために、住宅・住居のリフォームをするケースも多くなってきています。
シックハウス症候群には、いろいろな症状があります。
目やのどの痛みを訴えるケースもあれば、頭痛を訴えるケースもあります。
また湿疹などの肌トラブルが発生するようなケースもあります。
ちなみに、シックハウス症候群の中でも多いのが住宅・住居で使われている材料の中で、ホルムアルデヒドという成分があるのですが、この有害化学物質が原因となっているケースが多いです。
メディアなどでも紹介されていることが多いので、名前は知っているという人も多いのではないでしょうか?
しかし厚生労働省の調査などを見てみると、カビやダニなどによって引き起こされるシックハウス症候群もあるといいます。
カビやダニが最近の住宅・住居を見てみると、気密性が高まっていることで繁殖しやすい環境ができ上がっているといわれています。
このため、カビやダニによってシックハウス症候群を発症してしまうこともあるようです。
シックハウス症候群の最大の問題は、毎日生活をしている住宅・住居が原因となってしまっている点です。
現在ではだいぶ対策も進められるようになっていて、換気を義務化するとか建築材料に規制を加える対策がいろいろと施されています。
シックハウス対策のリフォームとしては、換気システムを充実させる方法が最近になって注目されるようになってきています。
換気をすることで、優億物質を薄めることができます。
その結果、シックハウス症候群を引き起こす確率を減少させることができるわけです。
2003年からは、新築住宅を対象にして、24時間換気システムを導入することが法律で明記されるようになりました。
ですから、2003年以降に建築された住宅であれば、システムを稼働させているのであれば、シックハウス症候群が発生することはまずないでしょう。
それ以前の中古住宅にお住まいの方は、24時間換気システムを導入するリフォームをすべきです。
その他には、結露のひどい家庭もあるはずです。
結露が起きるのであれば、断熱リフォームすることを検討すべきです。
そうすることで結露が起こりにくくでき、快適な暮らしができるはずです。

Copyright (C)2017住宅リフォームのすべて.All rights reserved.